ランディングページを作成する際にcssを活用する

企業が商品やサービスをネット直販で販売する上で、オンラインショップだけでは検索結果ページの上位に表示されなければ、販売する機会損失が発生する事があります。企業が売り上げを伸ばしたいのであれば、ネット広告にも力を入れていく必要があり、その中でも効果が期待出来る方法がランディングページです。ランディングページは、宣伝を行う為に作られたWebページの事であり、一ページで構成されていて、縦方向にコンテンツが並べられているのが特徴です。このような形態のWebメディアは、Webサイトやブログとは違って、メディア全体で管理する必要が無く、SEO対策を施したテンプレートを使ってランディングページを生成する事が可能です。

賢くランディングページを作るなら、cssを最大限に活用していくのが効果的です。cssは、Webページのデザインを指定する言語であり、PC向けページとスマートフォン向けページのソースコードを共有させてcssクエリによって、端末のディスプレイの幅に応じてレイアウトを変化させていく事が出来ます。ランディングページのレイアウトは縦方向にスクロールするような形であり、パソコンやスマートフォンの何れの端末を使っても、ほぼ同じように見えますのでレスポンシブデザインで表現していきます。cssは外部ファイルとしてランディングページに適用するようにしておきますと、ページのデザインを変更したい時に効率的に変更が出来るのが利点です。

外部cssは、ランディングページに施したSEO対策に影響を与える事はありません。但し、HTMLソースコードのヘッダ部分で読み込んでおくようにした方がページの表示が適切に行われます。JavaScriptでプログラムを記述している場合は、外部化したり、フッダ部分で読み込むようにした方がWebページの表示速度が変わり、表示に影響を与えますので注意が必要です。商品やサービスの魅力を発信し、消費者の購買意欲を増していき、最終的に販売サイトへと誘導させて、販売サイトでの売り上げを向上させる目的で作成されるランディングページは、企業にとっては効果が期待出来る宣伝手段として良い選択肢です。Webサイトとは違って、複数の同じ内容のページを作成し、宣伝効果が高い物を残していく事によって、より宣伝効果を高められやすいのも企業の用途にマッチしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です