cssとテンプレートを使った効果的なランディングページの制作

ランディングページは、他のネット広告と同様に多くの企業が活用して、自社の商品やサービスの宣伝を行う為に使われています。ランディングページを作るには、一般的なWebページを作成する方法がありますが、複数の同じ内容のページをネット上で公開して、宣伝効果が高いページだけを残していくといったテスト手法を活用する時に、ランディングページを一元的に管理する仕組みとしてCMSを使うといった方法も活用する事が出来ます。CMSを使えば、CMSに搭載しているテンプレート機能を使えますので、複数のテンプレートを用意したい時に役立ちます。

ランディングページのデザインを指定するには外部cssファイルを用意します。cssは、クエリという仕組みを使う事が可能であり、端末のディスプレイ幅に応じてcssを適用出来るようにしておく事で、端末毎にcssを適用出来る環境作りが行えます。この仕組みを活用する事でPC向けのサイトとスマートフォン向けのサイトのソースコードを共有しながら、PCサイトとスマートフォンサイトを同時に運用していく事が可能です。色々なランディングページのパターンを用意したい場合には、テンプレートとcssファイルの組み合せを変えられるようにしておきますと実現します。基本的なレイアウトが同じ物になりがちなランディングページですが、一ページで宣伝が出来るというメリットは大きく、複数のページに跨って商品説明や紹介をしなくても済みます。

ランディングページは、一般的なWebページとは違って、縦にスクロールして読むスタイルの広告媒体ですので、消費者がコンテンツに興味を持つような工夫を施しておく事が必要です。文章コンテンツにおいては、起承転結を基本にして、文章を読んでいて飽きないような工夫をする事で読み手が最後までランディングページに掲載しているコンテンツを読んでくれます。魅力的なコンテンツ作りをしながら、的確に商品やサービスの宣伝をするには文章コンテンツに変化を付けながら、商材写真や効果に関するイラストやグラフを使って分かりやすい表現で説明していく事です。商品によっては専門用語が出てくる事が多々ありますが、効用や性能などに関して言及していく事で難しい言葉でも、読み手が理解しやすい状況に変化させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です