ランディングページ制作に必要なhtmlのスキルとは?

企画やマーケティングなどの準備段階を経てランディングページ作成の計画が立ち、いざ制作の段階になった場合、まず最初に行うのはhtmlによるコーディングになります。htmlはハイパーリンクを設定できる構造化文書記述言語のことで、あらゆるウェブサイト作成に必須のものとなっています。インターネットの普及が幕開けした90年代では、この記述言語を応用的に用い、とくに表組みの機能を用いてウェブページのレイアウトを作成していました。ですが、本来の意図としては、この記述言語はあくまで文書の構造化を図るものであり、レイアウトを実現するものではありません。例えば、レイアウト的に大きな文字を配置する場合に「見出し」のタグを使用するのは、発想としては構造化文書記述言語の本来の使い方ではありません。文書の構造的に、当該のテキストが見出しの機能を果たすのであれば、「見出し」タグの使用は適切ですが、単に大きな文字を表現したい場合には、htmlではなくスタイルシートにて実現します。
したがって、htmlはレイアウトの実現方法とは区別される必要があり、そのため、現在ではレイアウト情報を収めたスタイルシートを別ファイルとして運用するのが一般的です。また、文書の構造化とは別に、この記述言語には様々な用途があります。ヘッダ属性のタグがその一例ですが、これらにはJavaScriptファイルへのパスやスタイルシートのパス、あるいは使用される文字コードの指定など、重要なものがあります。ランディングページでは、htmlだけに限って言うならば、基本的なスキルがあれば制作は可能ですが、スタイルシートやJavaScriptのスキルが連動するため、これらの技術に関しても理解が必要です。ランディングページの制作では文書の構造化という面ではそれほど複雑な局面はありませんが、やはりレイアウトに関するノウハウが要となるので、ウェブ制作全般における相応のスキルが必要となります。
具体的には、ページを文書構造で設計するスキルと、ページを実際のレイアウトとして実現するスキルの両方が試されます。レイアウトは通常はワイヤーフレームと呼ばれる設計書を基準に作成しますが、その設計書通りにレイアウトを実現しなければなりません。また、ランディングページにPHPなどを使用している場合には、htmlだけでなくそれらのプログラム言語に対する理解もある程度は必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です