ppc用ランディングページのテンプレートの概略

今、アフィリエイターの間で、ppcアフィリエイトが話題になっています。ASPに広告料を支払う必要がありますが、優れたランディングページを制作すれば、報酬を得やすいという特徴があります。ランディングページは商品紹介のページのことで、このページをニーズに合わせて最適化すれば、収益の向上につながります。注意点として、ppcの場合、コンテンツの多すぎる複雑なサイトは逆効果です。ppc用のサイトを訪れるユーザーは最初から購入意欲が高く、商品の内容に関する詳細説明よりも、価格帯やキャンペーンなどの情報を知りたいケースが多いです。そのため、スムーズにランディングページから公式サイトへ誘導させることが重要です。

良いランディングページ制作の手順としては、まずASPが提携している広告の中から好きなものを選び、リンクをコピーします。コピーしたリンクは、自分のWEBサイトに貼り付けます。そして今度は広告主サイトから画像をトリミングし、それもサイトに貼り付けます。「詳細はこちら」などのボタンを設定すれば、完成です。ppc用のサイトで利益を出すには、ある程度大量生産することが必要なので、あまり凝った作りにせず、短時間で仕上げることが大切です。

ランディングページのテンプレートは、無料でダウンロードできるものが多くあります。しかしテンプレートを利用する前に、どのような構成になっているのか、概略を知っておくと作業がスムーズに進みます。まずランディングページは、メイン部分とキャッチコピー、メインビジュアル、アクション導線などから成り立っています。特にメイン部分はユーザーの第一印象を決める場所なので、最も重要です。その商品のメリットや特徴が、的確に伝わるように考えて作成します。またキャッチコピーは、ターゲットの心に響くような言葉を一言で表現します。そして大きめのサイズで記載することも大切です。そしてメインビジュアルは、キャッチコピーに合ったものを選ぶようにします。さらにアクション導線ですが、これはユーザーが申し込むためにクリックするボタンを配置する重要な部分です。ボタンの周囲にあるデザインやテキストに気を配り、ユーザーの購買欲を高めることを意識します。またボタンは大きく作り、そこがクリックする場所だとひと目でわかるように工夫します。その他、訪問者の共感を呼ぶような導入部を入れると、さらに効果的です。その際、その商品やサービスをさらに知りたくなるような文章が望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です