見栄えがするlpや効果が高いランディングページ作成

ランディングページは商品やサービスの魅力を伝え、消費者に興味を持ってもらい、最終的にオンラインショップで実際に商品を購入してもらうのに役立つWebメディアです。他のWebメディアと異なる点は、lpだけでコンテンツが成立しており、複数のページに跨って構成していない為、読み手はそのページだけを読めば、知りたい情報を知る事が出来ます。一方で、商品やサービスを売りたい企業側は、ランディングページに記載されている内容を全て読んでもらう為に読み易い工夫を行う必要があります。

見栄えするランディングページを作るなら、商品やサービスの商材写真や効果を知りやすい比較写真や図、グラフなどを用意しておくのが良いでしょう。lpは、縦スクロールで読み進めていくメディアですが、その構造の為にコンテンツに変化を与えるようにする必要があり、読み手が内容をよく理解する為に写真やグラフ、図の選び方に力を入れて、それらを効果的に活用して説得力がある文章コンテンツを組み立てていきます。ランディングページの役割は、消費者の購買意欲を促進してオンラインショップへと誘導する事であり、バナー広告と比較して文章の量を自在に調整する事が出来ますので広告媒体として活用しやすくなっています。

見栄えを良くしていく方法は、商材写真やグラフ、図の選び方に留まらず、ページ全体のレイアウトやデザイン、演出にも拘っていきます。縦スクロールで読み進めていくランディングページは、レスポンシブデザインを採用する事で、パソコンやスマートフォンなど端末を問わずに同じデザインで読む環境を構築する事が出来ます。商品やブランドイメージに合わせて、ページの配色を変えていけば、大きくページの印象に変化を加えられます。見出しを付けていく事で、企業が商品やサービスについて紹介したい内容を順番に説明していく事ができ、多くの人々が理解しやすいように文章コンテンツを構成していく事が可能です。ランディングページは、文章主体のWebメディアですので、SEO対策としてキーワードを使って内容を充実させた文章を組み立てていく事で、読み物として十分な質を保っていく事ができ、複数の同じ内容で表現が異なるページを用意してアクセス数の多いページだけを残すといったABテストのような手法も使えます。見栄えを良くしながら、内容を充実させる事で広告媒体としてだけではなく、一つのWebコンテンツとしても活用する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です