「lig」に学ぶランディングページの作り方

WEB上に何らかのコンテンツを配信する以上、「一人でも多くの人の目に触れる」ということが重要です。ただ単に自身のみが利用する備忘録のようなコンテンツを想定しているのであれば、誰の目に留まることもなくとも何も問題はありません。しかし、多少なりとビジネスライクな思惑を持って作成されたコンテンツなのであれば、「儲かる仕組み」を実践していくことが必要です。

WEBコンテンツ界における注目株といえば「lig(株式会社lig)」があります。さまざまなWEBコンテンツを配信していて、企業がコマーシャル用に作成する「ランディングページ」の作成にも広く携わっています。ランディングページとは、いわばテレビCMのようなものです。テレビで行うコマーシャル活動がCMであり、WEB上で行うコマーシャル活動の一つがランディングページということになります。

ここでコンテンツの特徴や魅力、利用することで得られるメリット、最終的なベネフィットを訴求し、顧客に対して効果的に販売促進を行うことが目的です。いかに優れたコンテンツを配信していたとしても、いかに優れたサービスを提供することができたとしても、その事実を知られていなければ誰にも購入してもらうことはできません。たった一人でも良いのでまずは顧客を確保することが重要です。

たった一人の顧客が生まれれば、そこから発信される情報によって新たな顧客が生まれる可能性が出てきます。たった一人の顧客が100人もの顧客を生み出してくれる可能性もあるため、チャンスを生かすコンテンツ作成を意識していくことが必要です。その際、差別化を図るランディングページを作るならどうすれば良いのかを考えることも忘れてはいけません。

効果的にセールス効果を発揮できるランディングページを作成する上で必要なのは、「見た人にしっかりとした訴求効果がある」ということです。いかに作り込まれたランディングページだったとしても、内容がしっかりと訴求できなければ何の意味も持ちません。

しっかりと内容を訴求できるものを作成するとともに、「特徴的で印象に残るコンテンツ」を作成することが大切です。「面白い」「カッコいい」「かわいい」などの簡単な特徴で良いので、しっかりとしたコンセプトを決めてランディングページを作成するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です