lineと連携したランディングページを運用する

ランディングページを活用した販促活動は、多くの企業が実施しており、オンラインショップなどに誘導を図る手段として効果的です。ランディングページだけで企業が消費者に売り込みたい商品やサービスを宣伝していく必要がありますので、商品やサービスに関する情報や利用者のレビューなどを掲載して、消費者に興味を持ってもらえる内容を構築していきます。ランディングページのレイアウトやデザインは同じような物になりがちであり、その場合、他社の宣伝との違いが無くなり、宣伝効果が薄れてしまいます。そこで、注目してもらえるように、独自の様々な要素を追加していきます。

lineは無料通話アプリとして人気があるスマートフォン向けのアプリです。サービスの一つにline@があり、それにはPRページが用意されています。このPRページは、企業にとってlineを活用したランディングページとして利用でき、クーポンの発行をしたい場合に役立ちます。PRページの利点は、顧客からの問い合わせをリアルタイムで答えたり、色々なタイプのクーポンを発行したりする事で、顧客に商品やサービスに興味を持ってもらい、集客力を向上させていく事が出来る事です。通常のランディングページではリアルタイム性が劣りますが、PRページを活用する事でリアルタイム性を引き出す事が出来ます。

ランディングページとline@を併用する事も可能です。併用していく事で、双方から集客を行う事ができ、タイプの違う顧客を集める効果が期待出来ます。宣伝を行う場合には、商品やサービスがどのような機能を持っているのかを消費者に分かりやすく説明をしていきます。SNSは、顧客からの問い合わせにリアルタイムで答えていくのに優れていますが、基本的な情報や顧客のレビューを紹介するのには適していません。そのような情報を公開するのであれば、ランディングページを用意してコンテンツを作成してSEO対策を施していく方が適しています。SNSでは限定クーポンの発行が出来ますので、ランディングページに企業アカウントのline PRページへアクセス出来るQRコードを予め作成して、Webページに掲載しておきます。クーポンが貰える事をアピールしておけば、お得感を演出する事ができて、クーポンを使った集客力のアップが行えるでしょう。SNSとの連携を考えてページを構築していけば、集客の効率化を図る事ができ、多くの人々に宣伝が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です