お茶のランディングページについて

近年では空前の健康ブームと言われており、お茶ブームも到来しています。そして、緑茶の有名ブランドのメーカーたちはランディングページを構築しています。これらのランディングページの特徴は、概ね製品のコンセプト、茶葉の産地や淹れ方へのこだわりが必ずと言って良いほど掲載されています。加えて、各メーカーともテレビでのCMも積極的に行っていることから、クロスマーケティングも意識したページ作成を行っています。具体的にはCMを配信することです。デザインテイストについては、老若男女誰にも受け入れられそうなテイストとなっています。一方、先ほど述べたとおり、お茶ブームが到来していることから、中小メーカーも積極的にランディングページを展開しています。そして、これらのメーカーが打ち出している商品は健康や美容に良いことがセールスポイントとなっており、女性をメインターゲットとした内容であることが多い傾向が見られます。

中小メーカーがランディングページの作るメリットはさまざまです。まずは、テレビCMを放映するに比べると圧倒的にコストがかからないことが考えられます。制作費用と広告費用以外には原則としてお金が発生しません。ランディングページには1ページ内に情報をまとめあげる縦長タイプのものと、複数のページのものがありますが、縦長タイプにすれば制作費用も大幅に抑えることができます。また、ネット上では口コミが広がりやすいというメリットがあります。特に、商品の美容効果や健康効果を実感したユーザーたちからは、SNSで情報を拡散してもらうことも期待できます。コスト削減とユーザーによる情報拡散の2つのメリットを受けることができる可能性があるのです。

なお、お茶のランディングページを作る際にはしっかりとマーケティングを行う必要があります。そして、商品のコンセプトとページの内容にブレがあってはなりません。ブレがあった場合、仮に一時的に売れたとしても、SNSなどで悪評があっという間に広がることとなるでしょう。そこで、誰をターゲットにした商品なのかを決めた上で、さまざまなストーリーを描く必要となります。味や成分とその効果についてはもちろんのこと、お茶がその人のどんなトラブルを解決できるのか、使用前と使用後での変化は何かといった情報をストーリー化しなければなりません。また、中小メーカーの場合は、製品の安全性についてもしっかり掲載する必要があると言えます。このように、大手メーカーとは違ったアプローチが必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です