ランディングページにpdfを併用する手法の利点

オリジナルデザインのスマートフォン専用ページは、様々な部分にこだわりを発揮出来ます。
携帯電話からスマートフォンに買い変える人が多くなっていますが、スマートフォンは場所を選ばずに情報を収集が可能になります。
ネットに接続が出来る場所であれば、移動中の電車の中でも情報を集められるなど、ユーザー数は増加しています。
ランディングページを作成する時に、パソコン用とスマートフォン用に分けて製作を行うケースは多いかと思われますが、スマートフォンの専用ページでは閲覧しやすくするために上下左右に余白を設ける、指で押しやすいボタンサイズにする、パソコンユーザーとスマートフォンユーザーは傾向が異なるので、不要なコンテンツを削除する、スマートフォンページのみに専用のパートを追加するなどのこだわりを取り入れたページ作りが可能になります。

長手のページは見る人に飽きさせる結果に繋がります。
ランディングページの中には、スクロールバーを使って移動しながらページを閲覧しなければならないものが多くあります。
いわゆる長手ページと呼ぶもので、同じような内容が繰り返し出現している時や、ページが長いので見るのが面倒と感じさせてしまうと、ユーザーはページをすぐに閉じてしまう事になり、本体ページへの誘導が難しくなります。
コンテンツは極力完結にする、重要な部分は文字のサイズを大きくするなど、ユーザーの視点から見た時に、見るのが楽であり、伝えたい事が明確になっている事が集客効果を高めるポイントに繋がります。

資料ページはpdfで閲覧して貰いましょう。
ランディングページは本体ページへの誘導となるウェブページです。
ページ内に色々な魅力を記載してもページが長くなるだけで、見る人にとっては最後まで読むのが面倒などのイメージを与えてしまう事になります。
資料などについてはpdfを用意しておいて、ランディングページとは別に管理をするのがお勧めです。
完結にまとめあげたLPを作成したら資料用のpdfへのリンクを設けておく事が大切です。
ちなみに、期間限定等のページを作成している場合、日付がページ内に掲載してある時、資料ページでもあるpdfは使いまわしが出来るので、ランディングページの内容だけを更新すればそのまま資料を流用出来るなどのメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です