東京タクシーは流しを行っています

流し営業はタクシーを走らせながら、クライアントを探す方法です。道で手をあげるとその合図に気づいてタクシー運転手はとまってくれます。東京タクシーのベテランドライバーになると、経験的に無意識でその合図が目に入ることが多く、クライアントを探しながら走るのですぐに見つけてくれるでしょう。

流しの他にはいくつか営業方法があり、付け待ち営業や配車営業などがあります。付け待ちの場合、駅やホテル、イベント会場などの前でタクシーが並んでいるシーンを見ることがあります。付け待ちしている東京タクシーの運転手は多く、安定したクライアントを獲得することが可能です。配車営業の場合、クライアントから電話予約があったり配車アプリ経由などで予約が入った場合、クライアントを迎えに行く方法です。配車営業の場合、東京タクシーの営業所などから無線で配車指示が来ることがあるので、無線配車と呼ばれています。付け待ちと配車について、受け身でクライアントが現れるまで待つことになる方法です。流しの場合、クライアントを見つけにいくという営業方法になります。

稼いでいる東京タクシーのドライバーの場合、流し営業や付け待ち営業などを要領良く行っている場合があるのが特徴的です。付け待ちと配車の場合、お客様を待つことになります。やや後ろ向きなイメージがあるかもしれませんが、これらの方法もいろいろなメリットがあります。休憩に活用することができ、付け待ちを活用してうまく休むことができたり、元気が出たらまた流しをするなどいろいろな営業方法を活用することで、効率良く売り上げ向上を狙うことが可能です。配車の場合、運の要素が強いですがニーズのあるような場所にいると、事務所からの無線でクライアントの要望が入ることが多いです。流し営業において無駄に走ることがなく、付け待ちで休憩しすぎないようアレンジすることができます。

東京タクシーの稼ぐドライバーは、これらの流しや付け待ち・配車をうまく運用しています。急な天候不良があると、人の集まる施設などに向かうと効果的です。午前は晴れていても午後から急に雨が降ってくるようなケースもあるでしょう。このようなシーンはチャンスがあり、ショッピングモールや駅などで立ち往生する人は多いです。タクシーの需要が増加することになるので、急に雨が降って来て困っている人が利用することがあります。大きな道路を通って人が集まる施設などに向かうことをおすすめします。天気予報をこまめにチェックしたり、空を見て様子を確認してみるのも良いです。電車が止まることもありますが、そのような場合は駅に向かうと有益です。大事な用事がありタクシーを使って目的地に行く人もいるでしょう。何時間も待つのが嫌で、タクシーを利用しようとする人も多いです。流しの最中、常に交通情報などを確認しておくのがポイントになります。