東京タクシー需要の増える時間帯

東京タクシーの需要が増える時期や時間帯があり、お客様のタイプやドライバーとしての稼ぎ方も変わってきます。働き始めの頃は、お客様を安全に目的地まで送り届けるという事が最優先で、安全運転や事故のない様に運転技術や接客マナーの向上に力を注ぐ事が最も重要です。運転手として慣れてくると、個人の頑張り次第でお給料アップに繋がりますので、東京タクシーではどの時間帯にどの様な客層の方々がタクシーを利用するのかといった事を把握して、効率良く収入を増やしていく事が出来ます。

1日の中で2つの山があり、平日の朝通勤ラッシュの時間帯、主に8時前後は通勤タイムであり電車やバスの利用者と同様にタクシーの需要が増えます。東京のオフィス街に向かってタクシーを走らせていると、出勤のサラリーマンのお客さんをメインにピックアップする事が可能です。特に時間のない忙しい方々がこの朝の時間帯に利用します。朝9時を過ぎた頃から、住宅街から徐々に都心のオフィス街へと人々が移動し、仕事に入っていきます。その後平日の午前中は、比較的東京タクシーの利用が落ち着いていきます。次の山場は夕方から夜にかけての帰宅タイムになります。

特に午後18時前後は帰宅する人々で混雑している上に、通勤後の飲食をする為の移動として利用する方々もたくさんいます。オフィス街や都内の繁華街を中心に、最寄駅までの利用の他繁華街の飲食店で飲んでから、帰宅する方や一次会から二次会への移動手段として利用する方までおり、とっても需要が高まります。特に週末にかけて、深夜22時を過ぎた頃には繁華街の方に多くの人が集まり、二次会から三次会へ移動する人や繁華街から駅まで向かう人、更に、終電を過ぎると都心の方から郊外の自宅へと帰宅する人々が利用しますので、距離も長く東京タクシーならではの稼ぎどき時間帯とも言えます。

また、タクシーが混雑する要因として季節性もあります。12月の忘年会シーズンなどは多忙期により飲食店にとっては一番忙しい時期ですが、それと比例して東京タクシーの需要も夕方から夜にかけて高まります。終電後も多くの方が繁華街におりますので、深夜割増料金という利点もあり効率よく売り上げアップに繋がります。また、梅雨の時期、夏の猛暑、台風の季節や冬の降雪といった季節による悪天候は、タクシー利用の増える理由になります。朝や夕方の通勤ラッシュや週末にかけての深夜、更には悪天候により利用が集中します。