東京タクシードライバーにも嬉しい空車情報アプリ

東京タクシードライバーで稼ぐためには流し営業をマスターすること、流し営業とは道路を走行しているときにお客さんにタクシーを見つけて貰い、乗車して貰える営業手法です。タクシーを利用している人の中には、このような流し営業を行っているタクシーを捕まえて最寄り駅まで利用した人も多いのではないでしょうか。東京タクシードライバーなど、タクシー業界の中でのドライバー職の給与は、基本給+歩合制になっていることが多く、一般的なサラリーマンとは異なるものです。歩合制は出来高制になるもので自分の給料をアップさせるためには歩合の金額を上向きにする、どれだけ多くのお客さんを乗車できるかがポイントです。

東京タクシードライバーの営業方法には、駅前や病院などの専用タクシー乗り場で待機する付け待ちと呼ぶ方法やタクシー会社にお客さんが連絡して迎車でお客さんの下に向かう無線配車がありますが、これらはお客さんの人数がある程度決まってしまうので1日の売り上げをそれほど多く期待できるとは限りません。流し営業の場合はやり方次第で多くのお客さんを拾うことができるので、売り上げアップへの期待ができる、東京タクシードライバーで稼ぐのであれば流し営業を上手にできるようにすることがコツです。最近は、スマートフォンのアプリに空車情報を表示する機能を持つものが登場していますが、空車情報と聞くと駐車場のイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

東京タクシードライバーに転職するとき、スマートフォンの空車情報アプリがどのようなものであるのか、最新の便利な機能は覚えておくことをおすすめします。この便利なアプリは、直感的な操作で近くを走行しているタクシーを呼ぶことができる便利な機能を持つもので、タクシーを呼ぶ機能に加えて指定したエリア内の料金を調べることもできるようになっています。なお、このアプリはアップデートにより地図上近くの空車タクシーが奏功しながら表示されるので、そろそろ空車のタクシーが近くに来るなどを利用者は知ることができるわけです。普段タクシーを利用する人はもちろんのこと、普段使うスマートフォンにアプリをインストールして使い方を覚えておけば、都内を歩いているときに道に迷ってしまった、荷物が多くてタクシーに乗りたいとき、急に雨が降り出してきたときなど空車情報のアプリを付けばすぐにタクシーを利用できる利便性がありますし、これは流し営業を中心にしている東京タクシードライバーにとっても魅力的なアプリといえるのではないでしょうか。