東京タクシードライバーが正攻法で高収入を実現する方法

東京タクシードライバーが高収入を実現するためには、仕事に習熟できるまで長期間働き続けることが重要です。そのための正攻法としては、勤務条件に恵まれているタクシー会社を見つけて応募することが肝心です。特に安全教育に力を入れている会社を東京タクシー求人サイトで見つけることが、継続的に安定した高収入を実現することにも結び付きます。また日勤をはじめとして様々な働き方がありますが、隔日勤務を選ぶのが手取り収入を増やすための正攻法です。朝の8時ごろに営業所を出て深夜の2時ごろに戻るのが一般的ですが、日中の暇な時間帯に十分な休憩を取るのがポイントです。そして高速道路を利用する長距離客を無線を使って確保すると、1日の売上金額を大幅に増やすことができます。

しかし時期や気象条件などによって利用者の動向は変化するので、その時々の判断で最も良い営業戦略を考える必要があります。特に急に大雨が降ったり鉄道で運休が出ると、タクシーへのニーズが短時間で著しく増加します。そのようなチャンスをつかむのが東京タクシードライバーの営業の正攻法であり、利用者が多いエリアに移動するのがポイントです。乗客が乗り場で列を作っている場合には最寄り駅で営業する方法もありますが、交通が不便な場所で流し営業をするスタイルも魅力的です。

若手の東京タクシードライバーが早期に高収入を実現するためには、ベテラン乗務員との対話を重視するのが理想的です。経験豊富な東京タクシードライバーであれば、利用者が確保しやすい穴場的なスポットを知っているからです。更にドライバー自身の経験を蓄積することが、実車率のアップにも直結します。入社当初は実車率が5割を切っているドライバーも、利用者の動向を分析することで6割以上を達成できるようになります。

東京タクシーの初乗り運賃が引き下げられた経緯もあり、近距離客の利用者の比率も徐々に高まっています。特に住宅街で営業する場合には、高齢者や子供連れの近距離客をこまめに拾うことが重要です。接客を丁寧にして地元での評判を高めることが、結果として無線配車の依頼などの需要アップにもつながります。ロング客を深夜に確保して一発逆転を実現するドライバーもいますが、1回あたりの金額が1000円前後の近距離客を増やすことが安定収入への近道です。更に住宅が多い地域では抜け道の知識を増やすことが、一般道使った近距離営業がメインの場合に高収入を実現するための基本です。