東京タクシードライバーが意識すべき営業時間

一見、営業時間などないように見える東京タクシー業界ですが、ドライバーにはきちんとした営業時間が設けられています。東京タクシードライバーの営業時間は、約20時間とされており、その中で約3時間の休憩を取るように推奨されているのです。休憩時間は会社によって異なります。「出来れば稼ぎたい」と考える東京タクシードライバーの中には、休憩時間を削って仕事をする人も見られますが、出来ればこれは避けたいところです。1日の時間は限られており、休憩時間を削ることで疲労は蓄積されていきます。結局のところ、どこかで疲労を回復させなければなりません。そのため、営業時間を守った上で休憩時間を取ることが、東京タクシードライバーには求められます。

限られている営業時間は、有効に使うべきです。ではどうすれば有効に営業時間を使うことが出来るでしょう。これは、売上を安定させるためにも必要なのですが、まずは具体的な金額を目標設定として掲げます。出来れば1日ではなく、1時間を目安に設定しましょう。1時間の目標金額をクリアしていけば、自然と1日の目標金額は達成できます。こうすることによって、漠然と走行することを防ぎ、自分なりの稼げる道を探すことにもつながるのです。1時間の目標を達成するためには、まず「お客さんが良く乗るポイント」を見つけましょう。朝の通勤ラッシュ時間などは、絶好のチャンスです。自分なりの稼げるポイントを掴んでおけば、東京タクシー業界の営業時間でも、きちんと収入を手にすることが出来ます。

東京タクシードライバーとして働くなら、都心の流しは欠かせません。特に人が多い都心区に「お客さんが良く乗るポイント」を探しましょう。ターミナル駅や商業施設、ホテルや病院などが集中している地域は、お客さんがよくタクシーを探している場所でもあります。出来れば早い段階で、都心の道順を覚えることが理想的です。中心部で乗車するお客さんの要望に応えるためには、出来るだけ早く正確なルートを知ることと言えます。ドライバーにとっても、営業時間内の無駄な時間を減らすことが出来るようになれば、売上アップにつながるというメリットがあるのです。休憩時間を削るよりも、こちらのほうが体にも良く、お客さんにも喜ばれます。加えて、積極的な情報収集も必要です。イベントがあるという場合でも、終了時間などを具体的に覚えておくと、その時間に向けて営業が出来ます。リアルタイムで仲間と情報交換をするのも、非常に良い方法です。